FC2ブログ
  • 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10
なべじゅん@NYおのぼり旅行中
一人旅で喋る相手がいないのでここで喋る(^^)
スポンサー広告
スポンサーサイト
-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
夜。NYC初の、Jazzのライブへ。

NYCはもちろんJazzライブの本場なのですが、
「ブルーノート」「コットンクラブ」という日本にもあるハウスや
今回行く「ビレッジバンガード」がメジャーどころのようです。

#しかしながら、ゴスペルに連れていってくださった、
 例の、現地でJAZZやって20年以上のトミー富田さんによれば
 ブルーノートやビレッジバンガードは白人がダウンタウンでやるJazzであり、
 Jazzは黒人のルーツだから、白人のライブなんてだめだよ、というのですが(^^;
 別にそんなの関係ないと思うんだけどな~、と此処は同調できないワタシ。

ともあれ。
今日はこのライブ会場で
「バンガードジャズオーケストラ(略してVJO)」さんの
演奏を聞きにきました。
16人編成のBigバンド形式です。

このライブハウスで
毎週月曜日にだけ、演奏するのは彼らになってるそうです。
何十年も、この企画は続いていて、
昨年はなんと、「グラミー賞」を受賞なされました!!!
すごいね、グラミーだよ。

昨年、日本のブルーノートで初めて聞いたら、
「あらまーーーーー」ってほど良くて、CDとかAmazonで買っちゃったので
一度ホームグランドでの演奏を聴いてみたかったわけです。

もちろん、毎回満席なので、予約がないとまず無理。
今回の予約は、
大先輩の、miggy+リーダー宮嶋みぎわさんが
やってくださいました(^^) 本当に感謝。
DSC01110.jpg

演奏は21時から。20時から開場で、席は自由。
もちろん!最前列で聞きたいので、がっつり確保。
こういうときは、一人だと席は取りやすくて楽(^^)
レストランだと、一人だけの予約は断られる街なんですが。

さて、メンバーが続々入場してきて
自分の譜面を確認しています。

・・・って、譜面の枚数ありすぎだろっ!(笑)
タウンページより枚数あるのではってぐらいの積み重ね。
DSC01104.jpg

今日こんなにたくさんの曲を挽くわけないじゃん!

後からなんとなくわかったのですが、
レパートリーをたくさんもってる上に、何十年もここで演奏してる彼らは
いざって時に、何の曲でも演奏できるよう、ほぼ全部の譜面を帯同してるようです。
DSC01105.jpg

ほぼ全員がそろってきました。
で、セカンドリーダーのダクラスさん(トロンボーンセクション)が
席に座った後、私が見えたらしく指さしてくれました。
「あ、君日本人?ってことは、みぎわが連絡してくれてた子だね」みたいな。
えへへー 照れる(なんで)。 どうもどうも、浮かれて日本からやってきやした。

暗転。

アナウンスがおもろい。
「はい紳士淑女のみなさんこんんばんわー、
 あらゆる電子機器はもう電源切ってください。
 アラーム時計、ケータイ、あと、特にね特にカメラ。
 で、どうしてもバンドメンバーが撮りたい人、もうね、
 今だけ、最初に撮っちゃってください。」

で会場がちょっと明るくなる(笑) 
ちょっとみんな笑って、それからぱちり。
DSC01117.jpg
意外と気取らない服装で演奏なさってるもんです。
DSC01107.jpg


で、演奏開始! うっわーーーー!迫ってくるなあ!

割と狭い(どうみても日本のブルーノートより狭い)
ライブハウスだから、
音ががんがんに、自分にぶつかってくるというか(気持ちよく)
ステップ踏みながらやってくる感じです。

全体演奏あり、ソロ演奏あり、どんどん”ライブ”が続き、1set終了。
休憩です。
2setも見たいので残ることに。

すわ、みぎわさんから託された、
日本から持ってきたお土産を、メンバーに渡さなければ!

ということで、セカンドリーダーのダグラスさんを見てたら、
おお、こっちに来てくださった!
「どもどもーー! はるばる日本からようこそー。
 みぎわから聞いてるよー、彼女はグレイとな音楽家ねー
 でもこんなに美人とは聞いてなかったなー (アメリカ人ここがうまい)」

で、パチリ。
DSC01108.jpg

おおーグラミー賞受賞のバンドメンバーと写真とっちまった。

みぎわさんからのお土産を渡して、けっこうな時間、話させていただく。
(どうやら前回日本に来た時、
 乾燥わかめに感動したらしく、それを持っていったので更に喜んでいた)
途中、日本のみぎわさんにケータイ国際電話しながら。

「やー、私、ほんと、VJO好きなんですよー」
「うれしいねー、どんな曲好きですか」
「"Don't even ask"なんて一番好きですねー」
「なるほどね、いろいろ聞いてくれてるみたいでありがとうー」
「2setもがんばってくださいー」
「いやぁオールライト」
DSC01109.jpg

で、休憩へ向かう。
私も実は、席とるために夕飯食べるの忘れてたから、
隙間時間を狙って、ライブハウス向かいの、中華料理屋へ。
みぎわさんから、
ここでVOJのメンバーが、ライブ前によくご飯食べてると聞いてたので来たくなり。
やっぱりミーハーなのだ(^^;。

席に座るとなぜか「おてもと」という、割りばしがでてくる(^^;
DSC01111.jpg

「なにかさくっと食べられるものないですか?」
「麺類とかどうですか」
「あ、じゃあこのダック麺っていうのください。おもしろそう」

ややあって、要するにラーメンがでてきた。
具は、、、、、おおお、、、
北京ダックのダック(外側パリパリの、あれ)がそのまま大量にのってる感じ。
DSC01112.jpg

麺は極細。これがダックの油とからんで、うまかったですーーー

問題は、熱かった・・・
これを忘れてた。
麺類は確かに早く食べられるけど、私が猫舌だから熱いのは時間かかるのさー
しかたないので、必殺水入れ氷入れでややぬるくして、かきこむ。
DSC01113.jpg

戻って、2set目スタート。 
今度は、「どうみてもイギリス人」って感じの若い衆が、沢山お客として入ってました。
なんか、小栗旬が15人いるような感じ。細面ねーー

長々と書いてきましたが、ここで奇跡が起こる!
2setの2曲目、冒頭の曲紹介を、リーダーのジョンスカイさんが喋る。
で、最後に。。
「・・・ということで、
 今から演奏する曲名は"Don't even ask"です。日本から来た彼女に捧げます」

ってわーーーーーーー!!!!!

メンバーが、私を指さす。「そう、君ねー!」って。

こういうのは考えずに反応してしまうから
私ったら「うわぉ!!!」って大声出しちゃった・・。
会場の人は「???」 イギリス人も「なんで君にむけて演奏??」
という感じになってやした。

グラミー賞受賞のバンドが、自分の好きな曲を演奏してくれる、
この贅沢ってあるんだろうか。。。
みぎわさんに予約していただいた御蔭だなぁ・・・

最後に、今度はVJOから、みぎわさんへ託され物。
彼らのCDをみぎわさん@正式広報担当 が日本で宣伝することになったので
いくつかを持って帰ることに。
DSC01119.jpg

ここでまた、嬉しいサプライズが。
ダグラスが、2枚、CDを私にプレゼントしてくれたのです。
&彼の名刺も。(ケータイ入り)

大興奮しながら24時30分に演奏終了。
もちろんタクシーで帰宅しましたよ。

日本の乾物をあげたら、自分に向けた演奏が聞けた、という
わらしべ長者的な展開に、血沸き肉躍る夜でした♪♪♪







スポンサーサイト
page top
おはよーございます。 今日で4日目。
幸いにも天気に恵まれて晴天続きです(^^)

これまで詰め込みすぎた予定で、脚がちょっと疲れたので
今朝はちょっと遅く起床。
反省して、スケジュールをちょっと練り直すことにしました。
滞在期間が長いのでこういうのもありだなーと嬉しくなります。

リビングのテーブルで、改めてスケジュールの練り直し。
DSC00954.jpg

今日も橋渡ったり、川渡ったり、を考えてたけど
夜に、このNYC訪問で一番楽しみにしていたライブがあるので、
昼間は、街内での散歩程度にし、
気になってたドラマの撮影地2つをまとめて訪問する程度に決定♪

それと、ちょっとだけ会社の仕事(笑)。
持ち込むつもりはなかったけど、持ってきちゃたのよねー。
猫ちゃんに見守られながら、仕事完成させる。

飲んだコーヒーはキッチンへ片づける。
これが、今住んでる自宅のキッチンです。使いやすい広さでした。
DSC00956.jpg

DSC00959.jpg

ステイマザーのLelahが、
インスタントのみそ汁を1週間分用意してくれてたので
まったく和食が恋しくならない生活です。 感謝。
DSC00957.jpg

さてパソコンを片づけて
自宅前の緑の玄関が気持ちいい。
DSC00960.jpg

気分を落ち着けると、
ラッキーにも失くしたと思っていたものが見つかることがある。

それは、ずっと行きたかったカップケーキの店。
SATC御用達の「マグノリアベーカリー」ではなく
「ベイビーケイクス」という、
最近できた、あっさり目のカップケーキ店です。
合成着色料を使わず、乳製品系もほぼ無かつ、
オーガニック素材だけで作ったものだそうで
こっちではそういう料理を「ビーガン」系料理と呼ぶそうです。

まごうことなき「ビーガンカップケーキ」が、「ベイビーケイクス」だそうで。

本当は、この自宅近くにあるはずーーー
と思ってたけど、地図を訪ねても無かったんですよーー
なので、閉店したのかなーと思ってたら!
DSC00961.jpg

デランシー通りから、
路地1本先に入ったところで! 見つけちゃったよ!
時間に余裕があるからこそ、見つけられたわけです(^^)

小さな、小さなお店でした。
店内は砂糖の余ったるいにおいではなく、焼きたてのなにかの甘さの香りで心地いい。
レモンケーキとコーヒーを「to GO」で買いました。

風に吹かれながら、歩きながら、レモンケーキ。
これ、すんごいさわやかで、しかも食べやすくて、コーヒーに合います。
DSC00962.jpg
美味しいなあ。クリームもやわらかいし。
大満足。

店先に座って食べてる人もいます。
店舗の雰囲気がフランス式のせいか、食べてる人もフレンチに見える。
だからなんだ(笑)

さぁ今日は散歩をして
 ●大好きなコメディドラマ「フレンズ」のメインアパート、と
  場面転換でよく出てくるワシントンアーチ
 ●好きなSATCの主人公キャリーのアパート、とマグノリアベーカリー
まで脚を伸ばしてみようと思います。
といっても30分も歩けば付きそう。

その前に、ランチを買いこむことに。

全米のサンドイッチ批評で何回か1位をとったことのある
「カッツ」というデリカテッセンへ。
DSC00968.jpg

ここは、
もともとユダヤ人が良く食べていた「パストラミサンド」という、
お肉サンドが滅茶有名なお店。ユダヤ人向けの、
オールドアメリカンな店舗だそうです。

すんごいボリュームなのだとか。
あと、ピクルスが2種類あって、どちらも日本人にも食べやすい味なのだそうです。

自宅から歩くこと7分ぐらい、(いやーここほんとグルメエリアでよかったなー)
この看板が目印。
Eハウストン通り沿い。目につきやすいです。
DSC00969.jpg

中に入ると、うわーにぎやか! こういう雰囲気は好きだなー
DSC00971.jpg

C大の「カフェ上」に似てる(笑)
DSC00973.jpg

混んでるけど、並ぶほどでないです。平日だから(^^)
週末は大変なんだってー。

サブウェイみたいに、並んで注文。
ソーセージを焼く御兄さんや、ビールの銘柄数々。
DSC00970.jpg

DSC00972.jpg

昼はノンアルコールを決め込み、
DSC00979.jpg

さくっと注文して、お値段を払って、外へ。
DSC00975.jpg

ベンチで食べたり、歩きながら食べます。 
(お母さん、ごめんなさい。そういう教育はされてませんでしたなwww)
DSC00981.jpg

おおーお肉は、ビーフジャーキーをジューシーにしたような感じ。
がっつり焼き肉食べてるような感じです。
DSC00985.jpg

ピクルスは1つが、日本で言う浅漬けの味。よいよい。
もう1つは伝統的な酢漬けの味。あ、酢がきつすぎなくてよいよい。

ちなみに、ボリュームはこんな感じ。
たしかにすごい!!
DSC00988.jpg


ピクルスもですね、「親指ほどの大きさ」ではなく
「親指から中指までの幅を足したような大きさ」で、
これだけでもアメリカンドッグみたいな大きさ。
食べ応えを越して、食べきれません・・・・残しちゃうなあ。
(お母さん、またしてもごめんなさい。そういう教育はされてませんでしたなwww)

ガツガツ食べながら、
Eハウストン通りをブロードウェイ通過、

途中・・・・・あれ、このオブジェ、誰かに似てるな、
あ、うちの父親だ。 お父さん、なにも此処まで着いてこなくても(笑)
DSC00966.jpg

NYCから自宅へメールしたときに、一番最初に返事してきたのは父親でした。
あの方の、剛速球スピードレスはいつものことで、ほんと感心させられます。

そして、手で回せる巨大オブジェ、アスターの近くを通った後、
DSC01006.jpg

10分ほどで
ニューヨーク市立大学(NYC)に到着!
DSC01008.jpg

街中にある、大きな大学です。
DSC01011.jpg

上智っぽいかな。
その前を通りすぎると、ワシントンアーチのある、大きな公園に出るはずです。

どこだろうなーどこだろうなー
おおお!あった!見えてきた!これです。
DSC01016.jpg

いろんな映画でも使われてるワシントンアーチ。 巨大ーーー!
DSC01019.jpg

DSC01025.jpg

これをバッグに撮影すると、インテリ度が上がる画が撮れそう?!?!
(笑)
早速、パチリ・・・・・・って、巨大すぎるアーチに圧倒されて見えない私。
一応真下で自己主張してるんですが、
見えますかね(^^;
DSC01024.jpg

公園の中には、たくさんの人がランチを食べながらくつろいでます。
で、綺麗な音楽が聞こえるなーと思ったら
なんと!
DSC01023.jpg
公園の真ん中に、グランドピアノを持ち込んで演奏している人がいました!
どうやら公園の設備ではなく、個人所有のようです。
DSC01022.jpg

すごいなーーーーどうやって運んできたんだー
自分の結婚式に持ち込んだのはピアニカ程度、にした私にとっては
上には上がいるなと(上ってなんだオイw)反省。(なんで反省?)

まさにフレンズ同様、場面転換www。 

ワシントンアーチを後にして、
数ブロック先にある、SATC主人公キャリーの自宅へ向かいます。
先日買った手帳に書き込んでるけど、
場所のイメージはこんな感じ。   
DSC01331.jpg

こういう風に自分だけのサイトマップが作るのは楽しいことです。
自宅近くのグルメマップ(笑)右下が自宅場所です。
DSC01332.jpg

おー! 見えてきた。
これが、フレンズの主人公達が集まっている、メインマンションです。
1Fがフレンチレストラン。
さすがにちょっとオタクすぎたか、ここに来てる観光客は誰もいません(笑)
DSC01042.jpg

あーーー感動!!
最上階に主人公達がいたんだよなー!!
DSC01043.jpg

コメディドラマフレンズは、毎日見てます。
DVDで。もう本当に毎日1話は見てる。 
何回も繰り返し見てる。
寝る前にも見てる。これが睡眠導入剤にもなってるぐらい(笑)
時間がないときは、お風呂の中でDVDプレイヤーをかけながら見てるぐらい。
うちの旦那さんが私について、一番呆れているのは、このフレンズ中毒だと思います。
DSC01047.jpg

写真バシャバシャ撮影。
iPodでテーマ音楽を聴きながら。(「I'll be there for you」byレンブラント)
さすがに店の中から、怪訝な顔でこちらを見る御客達(すみませんね・・・)

更に、滅多に人通りがなく途方に暮れてたところに
犬の散歩に来た人が!
ラッキーー!! お願いしますお願いします!

堪能した後、これまたすぐ近くのキャリーの家へ。
素敵なタウンハウスです。
SATCの撮影場所は、周遊ツアーになってるぐらい、大人気です。

特に、この玄関で、いろいろドラマがありました。
DSC01058.jpg

熱狂的なファンが階段を上る危険があるせいか、鎖でガードされてます。
中には人がいないみたい。借り上げちゃたのかな。
DSC01071.jpg


ところが、平日なので?、観光客が誰もいない。
本当に本当に、誰も通らなかったので
しょうがないから3脚をたてて撮影するも、
ちょっとなーー、角度がいまいちだったな。
DSC01078.jpg

マグノリアベーカリーは、角を曲がったところにありました。
DSC01079.jpg

DSC01082.jpg

中に入ると確かにキュート!なカップケーキ達ばかりです。
DSC01084.jpg

DSC01086.jpg

DSC01085.jpg

さっそく1つ購入・・・するも、
これは典型的なアメリカンカップケーキだな・・・
上はふわふわクリーム、ではなく、ガッチガッチアイシング。
砂糖を固めたものだから、ちょっとペンで叩いたぐらいじゃ割れません。

1口。「・・・・・・・。」
砂糖で知覚過敏になることもあるんだな。

断然、ベイビーケイクスの方が、美味しかったことをここに証明します。

ここまでで、
「大好きな2大海外ドラマの撮影地」を回る旅行は終了!

一旦自宅に帰って、着替え直して、ライブに出かける準備。
DSC01091.jpg


★今日夜は、JAZZの本場、アメリカでも、有名なアイコン的存在ライブハウス
「ヴィレッジバンガード」へ向かいます!

このライブは、日本で自分でビックバンドをやっていらっしゃる
「miggy+」のリーダー、
宮嶋みぎわさんに予約をとってもらいました!
みぎわさんの、熱いブログはこちら
http://miggymigiwa.jugem.jp/

実はみぎわさんは、私が某旅行情報サイト時代の先輩で、今は音楽家として独立。
CDも出してて、私もう30枚ぐらい買ったんじゃなかろうか、
とにかく、素晴らしい音楽を作っている人なのです。
ご自身はピアノ演奏。
うちの会社を卒業した先輩の中で、私が最も尊敬している方かもしれません。

で、昨年、
東京のブルーノートに、なんと、このヴィレッジバンガードに出演している
ビッグバンド「ヴァンガード ジャズ オーケストラ(VJO)」を初来日させた
奇跡的な功労者です。 業界の奇跡だったそうです。

しかも先達て、正式なジャパンプロモーション担当になられました!
http://miggymigiwa.jugem.jp/?eid=1039

だって、言っちゃなんですが、
別に大きなコネがあるわけでもない、NYCの音楽シーンから
これまた、OL卒業の年から数えるとまだ新人かもしれない音楽家が、
情熱と愛情だけで、初来日させたのです。

旦那と、結婚式の打ち上げを兼ねて見に行ったのですが、いやー泣けた。
すごいライブだった記憶があります。

そんなみぎわさんから、
今回、日本食好きなメンバーへお土産を託されました(笑)
乾燥わかめ、インスタントのトン汁、切り昆布・・・

DSC01093.jpg
NYCの街を、日本の乾物を持って、オシャレなライブハウスへ闊歩しにいく私(笑)

しかも外に出たら、
なんか、おかしなアメリカ子供向けおもちゃの広告を発見。
手にはめて音がでるそうな?!?!?! 年齢制限まであるおもちゃだそうです。
なんのこっちゃ(笑)

DSC01095.jpg

ともあれ、行ってきます!
page top
Copyright © 2018 なべじゅん@NYおのぼり旅行中. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。