FC2ブログ
  • 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
なべじゅん@NYおのぼり旅行中
一人旅で喋る相手がいないのでここで喋る(^^)
スポンサー広告
スポンサーサイト
-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
最初にお詫び! 

やっぱりデジカメで感動的な夜景を撮るには私のテクニックが足らなかった!
平凡な画像ですが、御許しください。
その代わり、動画ありますから(笑)

さて、
お、見えてきた?!
DSC00678.jpg
近づいてきた!
DSC00681.jpg
そうそう!君に会いに来たの!
DSC00683.jpg

いよいよ2日目のハイライト、
その2、エンパイヤステートメントビル到着です!

入口はさすがに、夜だというのにかなりの人だかり。
ロックフェラーよりも大分多いとみた。
DSC00685.jpg

なにしろ、22時まで開いてますから大分堪能できます。
(入場締切は20時ぐらいらしい)
しかも、さっき、にわか雨が降ったから、空気が掃除されてるだろう!
期待できます。

入り口で1ポーズ。
正直、お疲れの私です(笑)。
DSC00686.jpg
昼間教会やロックフェラー歩いて、ゴスペルやって、
グランドセントラル駅に行ってきたばかりだからね。。。

まあでも、1日に2ついっきにやることに意義があるってことで・・・。(^^;

エレベーターまでの通路を歩く。
ここが、どシーズンには全部列で埋まるそうです。
GWの日本人とか。2時間待つのだって。
DSC00687.jpg

さてエレベーターで、一路地上320m、84階までGO!!!

ところがここで館内アナウンスが!

「レディースエンドジェントルマン、ええと、突然ですみません、
 なんか、今日は寒くておかしな天気でしたけど、
 今、今度は強い風が吹き出しました。
 なので、84階展望台はかなり強風で、スタッフもコンフューズしてます。
 どうぞ皆様、暖かい格好で84階に着たらよいと思います、センキュウ。」
 
いやいやいやいや、今からどうやって暖かい服装になるんだ。

スタッフはコートを着出した。
いいなあ。あ、眼があった。そこで一言言われた!

「バイバイキーン!!」

ええええええ。
また日本人が、待ち時間の腹いせに変な日本語を教えたんじゃないかー

えーーーこれ、返しにくいよーーー
「ハーヒフーヘホーン!」って言えってか。できない、さすがに。

確か昔、タイへ、マイミクと旅行に行って象に乗った時にも、
象飼育係の御兄さんが変なこといってたなー
なんだっけーーーええーーーと
忘れちゃったなーーー「おっはー」だっけかなぁ・・・

そんなこんなで寒さ覚悟の上、米国製バイキンマンに見守られて展望台へ!

うっわーーーー!すごいーーーーー!
DSC00695.jpg

360度見えるだけあって、すごい景色!!
DSC00693.jpg

DSC00694.jpg
デジカメの限界ではあるが、こんな感じ!
DSC00697.jpg
さきほどの、クライスラービルも見えます
DSC00696.jpg

DSC00698.jpg
それこそてっぺんを見あげた。
DSC00701.jpg

そして、確かに猛烈な風!! デジカメにストラップつけてて本当によかった!
DSC00700.jpg

やっとここまできたねぇえええええ

ちょいとした勝利者の気分だ。
となれば、あれですよあれ、NY夜景に合わせる曲と言ったらこれですよ。
マイミクMけん氏提供、ウルトラクイズの楽曲から。

ところが、風がものすごいので、その風で、音がとぎれとぎれになってるぐらいです。
暴風の中、iPodとデジカメ持って、堪能してきました(^^)
360度の中でも、タイムズスクエアとクライスラービル方面です

[広告] VPS


さて、怒涛の2日目も終わり、実は夕飯食べてなかったこともあって
相当おなかがすいてしまったのです。

地下鉄にのり、自宅へ。
DSC00709.jpg

すわ、NYCの夜食はピザでしょうか(わからんけど)、ってことで
気になってた、自宅駅上のピザ屋へ直行。
DSC00710.jpg

これがまた、入った瞬間の、ピザの種類に驚くし、
DSC00712.jpg

1つ1つがなんと美味しそうなことか!!!
DSC00711.jpg

みたこともないトッピングから、
よくみるシンプルトッピングまで、
なんでこんな深夜に大量に焼き上げてるんだってぐらい種類が豊富。
DSC00713.jpg

さっそく、基本的なサラミピザを1ピース購入。
となりのコンビニでビールを1本。
USのビールは、瓶ものだと、蓋は栓抜きで開ける必要はなく、
ペットボトルのように、キャップをひねれば開くのです。

そして自宅に帰って御夜食・・・・。
DSC00714 - コピー

(この直前に、ホストマザーが内鍵をかけてしまい、ドアがあかなくなって
 私がセキュリティマンにお願いして開けてもらうミニ事件があったwww)

OUOUOUうまい!!!!
DSC00716 - コピー


ふっかふっかで、もっちもっちで、そして、なのに、ジューシーだ!!!
なんだこれは!!
具がジューシーなだけでなく生地自体もジューシーだ!!

大きさはどのくらいかというと、
食べかけたものと手のひらを比較してもこれくらいあります(^^)
DSC00717.jpg

えー。この自宅周辺、美味しいところが多すぎるなー!
もうちょっといたいなー 1週間だけって損したかなー

こっちにいる間に、是非もう1枚トライしたい1品です(^^)





スポンサーサイト
page top
グランドセントラルを後にし、
エンパイヤーステートビルへ向かいます。

途中、ちょっとだけ5番街@いわゆる高級店が立ち並ぶ通り を通過。
個人的には、あまり興味ない店ばかりですが、歩くなら是非。
気分を上げたいものです。

しっかしタクシーの多いこと多いこと。
パノラマで撮ってみる。
DSC00560 - コピー

あっ化粧品店のセフォラだ、お久しぶりです。
日本ではすぐ撤退しましたね。
在りし日の銀座店より素敵な外装じゃないですかー
DSC00602.jpg

他にもいろいろ「立ち並んで」ます。
DSC00606.jpg

すみません、全然解説できなくて(お店の名前も場所も全然チェックしてない・・)
DSC00604.jpg

お、DSやWiiのソフト売ってる
DSC00607.jpg

あ、これ、iPadのようだけどiPadじゃないやつだ。
DSC00608.jpg

「nook」というやつで、バーンズアンドノーブル(書店)の本を読めるもの。
日本で言うと、紀伊国屋書店が自分の店で扱ってる専用書籍の電子媒物を作ったようなもの?
どうなんでしょう、普及はキンドルと比べても難しいと聞いてますが。。。

バーンズアンドノーブル内に入り、
前から欲しかった、
「NYC地図+地下鉄地図+便利手帳」を購入。
これは、NYCへ行った私の歴代先輩が、皆、必ず購入して便利に使ってるやつです。
私もかなりこれ、いいと思う。
地図の中に、自分がいきたいところや行ったところを
マッピングしていくのがすごく楽しいです。

あんのじょう、ペーパーブックを買ってしまう私。
DSC01213.jpg

ちなみに、ホームマザーのleLahは、サラジェシカパーカーが嫌いだから
SATCは好きじゃないと言ってた(^^; うんうん。了解!

もう一回、ロックフェラー広場の前を戻って通り、
DSC00597.jpg
拡大。
DSC00598.jpg

近くのRadio Cityを通過。
DSC00595.jpg

なにかこの日が初日のオペラがあるらしく、
オシャレに着飾った人で大盛況でした。
DSC00590.jpg

テレビの取材まで。まるでレッドカーペットみたい!
DSC00592.jpg

うちの会社も入口にレッドカーペットをひいてくれたら、
毎日の出社気分が「あがる」だろうか(笑)

そしてーーー! さっきは購入を延期した、NBCテレビストアで
「FRIENDS(フレンズ)」のグッツを購入!
DSC00595.jpg
 ・マグカップ
 ・Tシャツ
 ・スタバ用コップ
を買ったとさー(笑) 
DSC01215.jpg

また旦那さんにあきれられるだろうなあ・・・・

ものすごい長い車が脇を通過(^^)
DSC00673.jpg


さて、次はエンパイヤーステイトビルへ突撃です!

page top
@ロウアーイースト
駅で真面目に感動して泣くワタシ。
2010-05-12-Wed トラックバック : 0  コメント : 0
いやぁもう・・・・

泣いたんですよ、私、まさかこれは予想ガイだった。

NYCの「グランドセントラルステーション」。
1913年にオープンした歴史あるステーション。

もちろん、歴史的だから行きたい、というのもあるし
実はもう1つ、
この駅が4年間、2億ドルを費やして修復工事をし完成したのが1999年。

私にとって1999年とは、
仕事上重要なターニングポイントでもあった年ということもあり、
勝手に親近感を抱いて「お前も今までよく働いてきたよなあ」と
ハグしにいきたくなったからなのです。

おお、近づいてきた。駅です。
DSC00616.jpg

すぐ近くには、NYCで一番"美しい外観”と言われる
エンパイヤステートビルも見えます。(登れませんが)
(SACTファンの方は、オープニング映像でおなじみの)
DSC00617.jpg

DSC00615.jpg

これはですね、しかし、まぁ、素晴らしい駅ですよ。
なんだろう、内部に、空気の層があるだよ、いい重みの空気。
DSC00624.jpg

駅構内に入った瞬間、まさかなんですが、涙でてきたんですよ、私。
DSC00664.jpg

「ああ、ついにきたなぁ・・・・!」と。
このために仕事がんばってよかったなぁと。
e、泣くの?と言われても、泣いたんでしょうがない。
DSC00628.jpg

死ぬ前の忘れられない風景に上位ランクすること間違いなし。
天井に美しい星座の絵(1913年当時からあったらしい)も見事。
ビーナスフォートじゃないよ。

これが、通勤時の乗り換え地点になるなら、
さぞかし毎日身の引き締まる思いで出社できるんじゃないか。

で、ややぼーーーーっとしてましたが、
とにかく写真とろうと。

泣きながら撮った写真がこれら(笑)
涙でにじんでます(え?)↓

DSC00630.jpg

DSC00626.jpg

DSC00631.jpg

DSC00627.jpg

DSC00652.jpg

ようやく泣きやみ、人様に撮影をお願いできるように。
DSC00658.jpg

DSC00662.jpg

DSC00632.jpg

そして、パノラマもチャレンジしてみたので、
それは、スペースの都合上、Picasaにアップしてみました。
縦位置の写真については、我ながら、ちょっとナイスだと思ってみたり。

http://picasaweb.google.co.jp/105516261725236134790/_?authkey=Gv1sRgCJ6z_uqr_qSCYA#

以上、
世界の車窓から。今日はニューヨークグランド・セントラルステーションからお送りしました。
列車の写真なかったけど(笑)
page top

いきなりですが、
教訓。
「FIXした情報には、一切手を出すな!
 それは工夫でもなんでもなく、ただのリスク(とタスクの)創出だ」

という、ですね、
私にとっては
公私にわたり当たり前のことを再認識させてくれる事件発生。。。。

ゴスペル体験は、まず迎えに来てもらうところからスタート。
何しろ、ハーレムへ行くわけですから、
正直、単体行動の限界です。

そこで、今回縁あって、ハーレムで25年以上JAZZツアーをやってらっしゃる、
トミー富田さんをご紹介いただき、更にご自身が迎えに来てくれるというありがたさ。

#トミーさんは、4月26日付けのニューヨークタイムズで
 堂々と1面写真を飾る記事となっていました。
 日本人だけど、ハーレムのジャズやゴスペルを活性化させ、かつ逆に
 日本にもブッキングさせて、横浜や神戸などにハーレムの黒人を出演させた功労者だそうです

で、問題は待ち合わせのホテル。

日本のスタッフさんが、さんざん丁寧にオリエンテーションしてくださった場所は
「ヒルトンホテル」
書面にもそう書いていただいてました(ああもうしわけない・・)。
ホームステイ先からの行き方、降りる地下鉄の駅まで。

ところが、私は前日夜、一応念のため、
ホームステイマザーのlelahに
「明日、ヒルトンホテルで待ち合わせて、ハーレムに行くの。行き方これでいいよね?」
聞いてしまったのです。(いや、これがとにかく私が100%悪い原因)

すると、lelah曰く、
「この、待ち合わせ場所になってる”ヒルトンホテル”は割と高級だよ。
 セキュリティもしっかりしてるし。
 ハーレムに連れて行ってくれる人が、待ち合わせるような場所ではないのでは?
 近くに、”ヒルトンガーデンイン”というホテルがあって、
 駅も近いし、入口はいったところに、確かにこの紙に書いてあるような待ち合わせ場所があるから、
 たぶんそっちのことだよ」

あ、そうなんだー、聞いておいてよかったー!
などど思ったのが私の間違い!!!!

私が30分前に現地到着!ロビーにて待つ!
という離れ技に成功したにも関わらず、
待てど暮らせど、トイレに2回行っても、トミー富田さんは現れないのです。

・・・ん、ケータイに電話してみるかーー

と日本オフィスからいただいた番号に電話してみると

「あーーー酒井さん?!?!?!
 どこいるんですか?!?!僕ずーーーーっと待ってるんですよ!!!」

「え?ヒルトンですよ、僕ヒルトンいますよ! あなたもヒルトンにいるって?!?!
 僕は、レセプションですよ、奥の、レセプション、そんなところ一か所しかないんだから。
 トイレあるでしょ? え?そっちにもある?
 いや、僕はあなたを全然みかけてない!!」

「えー?えー? ガーデンイン?ガーデンイン?!?! それはヒルトンじゃないですよ!
 いいですか、ニューヨークヒルトン、ニューヨークヒルトンは1つなんです、
 6Aveですよ、6Ave。 ガーデンインなんか違うでしょう! そんな変なホテル!
 ヒルトンって名前がついてる?そんなところ名前だけ!ヒルトンじゃないんです!!
 僕はそんなホテルで待ち合わせしません! 
 ヒルトンですよ、ヒルトンっていったらニューヨークヒルトンしかないんですよ!!」

うっひゃーーーー!!
間違えた!!!

私が動くのも危険なので、迎えに来ていただき、(隣のブロックだった)
遅れること30分でゴスペル教室到着。。。

車の中では平謝りしっぱなし。
トミーさんはもう説教モード。
ニューヨークヒルトンを知らないなんてどうかしてる。
今日はこの後、誕生日の女性に花束を渡しにいく約束なのに、遅れるじゃなのー、とかとか。
本当に本当にすみません。。。

でもって、教訓なのでした。。


さて、ゴスペル教室といえば。

黒人の練習風景を拝見、とか参加、ではなく
現地に住む日本人の練習教室に参加、のスタイルでした。

今度ゴスペルの有名な大会があり、
日本人チームとして、初めて予選会を通過したのだそうです。
すごいですね。

ただし、先生はバリバリの黒人で、英語で教えます(^^;
今日はその先生の自宅でレッスン。
なにしろ遅れて行ったから、先に歌ってらっしゃる。

その声量たるや、マンションのエレベーターフロアに到着直後に
大音量で聞こえてきました。
すごいなーーこれ、日本だったら間違いなく近隣クレームだな。

で、挨拶したところ

「ようこそー 体験参加ですか。この面子に。 珍しいですね。
 今日は最終レッスンの2回目ですー、なので振付つけていきます。
 で、酒井さんはゴスペルをやったことある、と聞いていますので
 歌詞だけお渡ししますから、メロディは耳で聞き取ってついてきてくださいー(笑顔)」
 
「コンテストに向けての最終レッスンですから、
 すみませんけど、基本的にはメンバーのピッチでやっていきます。
 酒井さん向けにゆっくりは教えないスピードなので、着いてきてくださいねー(笑顔)」

ぬぉおおお、やったことあるって、あなた、日本での体験レッスン1回だけですよー

今説明してもしょうがない、歌詞に眼をやる。

「神様はすばらしい
 神様はすばらしい
 なんて なんて素晴らしい
 全てを包む 
 尊き御名を
 なんて なんて素晴らしい」

あっ歌詞は日本語なのね。

え、あ、日本人であることをむしろコンテストでアピールする方がいいということで
そういう設定なんですか。え、あ、2番目はこれを英語で歌うから問題ないと。了解了解。

そして、怒涛の怒涛の怒涛のごとく、ついていくレッスンが始まった。

ゴスペルって、叫ぶんですよ。叫ぶような唄。

どうしよう、大変だ、ついていくの、
ええと、何か楽しいことに転嫁させながらついていくようにしよう
ええとええと、そうだ!「大声クイズ」のつもりで!

「これは大声クイズだ」と思ってから、俄然音が頭に入ってくるようになった

「神様は素晴らしいーーー!!!、
 かぁみぃさぁまぁは、すばらしいいいいい!」

ああ、今ウルトラハットがあったら、間違いなく解答権は私のものだ。


黒人の先生。
べりーふぁにーな人です。

歌詞が日本語のせいか、ちょいちょい指導にも日本語を入れてくる。

「OK、あぁたぁまぅかぁら、くぅだぁさぁいぃ (頭からください)」

「no、もともぉぅと、くぅだぁさぁいぃ (もっと、※声をだして※ください)」

この2つと、うまくいったときの

「やたー!! やぅったぁあー! すぅべぇきぃです (やったー!素敵です!)」

がメイン日本語。
特に「やったー!」を連発してくる。
なんか、ドラマHEROを見て、影響を受けたのではないかと思われる。(^^)


で、15時から18時まで3時間、これをやり続けたのだった。
1曲制覇。これ、もし日本で唄ってるライブがあったら、飛び入り参加はできるぐらいになった。


で、ですね、写真が一枚もない。

それは・・・ 待ち合わせ場所間違いのショックで、うっかり撮る気を忘れてしまったからなのだ・・・

まぁ、練習風景なんで、撮ってもあれでしたが。(^^;
相当なカロリーは消費したと思われますな。

レッスン終了、”ニューヨークヒルトン”ホテルまで送っていただき、

気分を変えて、美しい景色を見に行くことに決定!
世界で最も美しい駅の1つと言われる「グランドセントラル」駅 と
いよいよ
NYC上最も高層な「エンパイヤーステートビル」へ、マンハッタンの夜景を見に行くことにした(^^)




page top

空景を楽しんだ「ロックフェラーセンター」(トップオブザロック)
のすぐ隣には、
当然のことながら「ロックフェラー広場」があります。
DSC00554.jpg

ここは、よくテレビでも見る、
冬場にスケートリンクになるところ。
今は春なので、全面的にカフェになってます。
DSC00556.jpg

ちょうど、半地下っていうのかな、くぼんだ所につくられており、
広さは、西新宿の京王プラザホテルの向かいにある、
半地下レンガエリアみたいなイメージです。

周りにはあらゆる国の国旗が飾ってあり、
世界中からくる観光客が、自分の国の国旗の前で写真を撮ってます。

というわけで私も1枚。
DSC00555.jpg

ここから歩くこと約1ブロック。
「セントパトリック教会」という、これまた荘厳な教会があります。

もし、ヨーロッパへ旅行して、教会に行ったことのある方や、
そもそも教会や歴史的な建築物大好き! という方には
是非是非訪れてみてほしいところです。
DSC00558 - コピー


外観よし、内部よし、信者が絶えることなく中で祈りをささげてる姿◎!

写真はがんがん撮り放題です。
DSC00584.jpg

なんだろう、
「神聖なるところですからフラッシュはダメ!!!」
とかって雰囲気はなくて
「どうぞうどうぞ御好きなら撮って、フラッシュも神を称える光の1つかも!」
という、言われてないけど、そんな雰囲気があります。

中に入って、まずは私も神聖なる想いを込めるために
ローソクに火を灯しました。
DSC00567.jpg

1$のドネーションを入れてね。
DSC00565.jpg

あとは、もうただただ、教会内の素晴らしさを堪能。。。。
両脇にステンドグラスがあり、
DSC00571.jpg
それぞれの神が祭られています。
DSC00585.jpg
そして、中央には大きな十字架があり、そこに向けて皆が祈りをささげています。
DSC00580.jpg
私も、家族への感謝を祈って教会を後にしました。
DSC00578.jpg

DSC00583.jpg


さて、外に出ると、これまたすぐ隣には
アメリカのテレビ「NBC」のテレビ番組キャラクターショップがあります。
NHK渋谷スタジオと違って、スタジオ見学はなく、ショップのみです。
キャラクターといっても、NBCの場合、子供向けじゃなくて
大人向けドラマが多いので、「○●ドラマ」のロゴ入りTシャツやコップがメイン。

で、ふと、見ますと、おおおおーーーー!

私が大好きな「フレンズ」というコメディドラマが、
どうやらNBC管轄らしく、ショーウインドウにグッズが並んでるのを発見!
DSC00586.jpg
おお、ロゴ入りマグカップ!
これY!オークションで5000円ぐらいしてたこともあり、手がでなかったやつだー
DSC00588.jpg


今日はこの後ゴスペル体験なので、今すぐ買い袋満載、になるわけにもいかず、
一旦眺めるだけにして終了。

待ち合わせ場所の「”ヒルトン”ホテル」へ向かおうと思います。
ところがこの後・・・初の事件(?)が・・・・



page top
Copyright © 2018 なべじゅん@NYおのぼり旅行中. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。